der Gegenwart

2020年に買ったゲームの感想なんかのまとめ

年末なのでいつものやつ。

Nintendo Switch

リングフィットアドベンチャー
筋トレゲー。真面目に毎日やれば絶対痩せられると思うんだけど辛い。
フィットボクシング2
前作の改良版。フットワーク関係の運動を全部オフれるのは神機能。下半身の運動はエアロバイクでやるから要らんねん。ちなみにどことは言わんけど揺れなくなったので運動に集中できるようになっていい感じだと思う。当該表現の削除に伴って前作は無駄にCERO Bだったのが、今作はCERO Aになってるので安心(謎)

PS4

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ
無双ゲーと思わせておいて、戦闘をアクションにしたP5。戦闘における8割か9割くらいがペルソナ成分なので、難易度にもよるけど無双気分で遊ぶとボス戦であっさり死ねる。時間経過のリスクなしで延々とダンジョンに潜ってレベル上げと帰還を繰り返すことができるのは個人的に良かった。ただ、探索に関する制約がないのはペルソナシリーズのファンには不満かもしれない。HDDだとロードが死ぬほど長いので、外付けでいいからSSDにインストールした方が良い。
eBASEBALLパワフルプロ野球2020
マイライフしかやってない。よくなったところもあるし退化したところもあるのは相変わらず。調子システムと、選手寿命を延ばしづらくなったところ、奥居含めたチームメートに特殊能力を付与しづらくなったのは明確な改悪。

Xbox Series X

アサシン クリード ヴァルハラ
いつものUBIゲー。表現規制周りのぐだぐだでUBIが信用できなくなってしまったので積んでる。
イモータルズ フィニクス ライジング
序盤で積んでる。UBIの作ったBotWみたいな何か。マジでUBIゲーなのでUBIゲーが合わない人はつまらないと思う。声優の演技含めてローカライズは神。
エースコンバット7 スカイズ・アンノウン
Xbox Game Passで遊んだから厳密には買っていないんだがクリアしたのでリストアップ。ラストのトンネルがクソすぎて二度と遊びたくない。

PC

ウイニングポスト9 2020
ウイポは年度の数字がついてからが本番なので無印をスルーしてから購入。いろいろ新システムがついたけど、まぁいつものウイポだね。闘志とかいう連勝を強制されるシステムは要らんと思う。
Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning
Xbox360の良作オープンワールドRPGのリマスター版。積んでる。
Mount & Blade II: Bannerlord
アーリーアクセス版を購入。30時間くらいは遊んだ。基本的にはグラフィックがきれいになったWarband。前作が好きなら買って損はないと思う。
推しのラブより恋のラブ
クリア済み。百合ゲーが好きなら2時間くらいニヤニヤできてキモくなれるのでかなりおすすめ。
Cyberpunk 2077
  • 箱版買うか悩んだけど結局規制のないPC版をGOGで購入した。
  • Core i7-6700K、GTX1070の化石気味のPCでもそれなりに快適。無印PS4とXbox Oneだと酷いらしい。環境があるならPC版買った方が良さげ。
  • ACT1クリアまで進めたところでFGOのイベントが始まってしまったので一時中断。
  • アクション目当ての人にはあまりオススメできない。エイム周りが何とも言えず気持ち悪い。思ったところに撃てないというかなんというか。アシストオフにしてプレイした方が良いのか?。
  • そのアレなエイムの所為でアイテムも拾いづらい。
  • ゲームで3D酔いなんてしたことないんだけど初めて少し気持ち悪くなった。
  • 時間かけたおかげなのかローカライズは上出来。
  • 主人公の名前が変更できないのが個人的に気に食わなかったんだが、固定されているおかげで登場キャラクターとの軽妙な会話を楽しめていると思えば、まぁ悪くない。会話中に細かく選択肢が表示されてそれによって展開が変わったり変わらなかったりするので、プレイヤーが「V」になり切れるよう配慮されていると思う。
  • 女性ボイスで遊び始めたので男性の方はわからないが、声優の演技が雰囲気に合っていてとても良い。ローテンションで無感情気味の演技によってプレイヤーの感情と極端な乖離ができないようになっていると思うし、どの選択肢を選んでも違和感ないように感じる。
  • キャラメイクについては赤点。パーツ選択式なのでバリエーションが少ない。体型の変更もほぼ不可。パーツ選択式にスライダー調整を加えて欲しかったし、身長を変えさせて欲しかった。わりと致命的なのがゲーム開始後に髪型等々を変更できない。サイバーパンクの街なんだから整形ショップくらい用意しておいてくれよ。
  • 建物の密度的に仕方ない部分もあるとは思うが、入れない建物が多いのは気に食わない。
  • 全体的に好みが分かれそうなゲーム。世界観が気に入って「RPG」を遊びたい人にはオススメできる。会話と世界観を楽しんで「V」として生きるゲーム。万人が楽しめる画期的な傑作ではないように感じた。雰囲気ゲーとしては最高。

スマートフォン

買ったわけではないけど遊んでいるものを列挙。

アズールレーン
衣装を買いまくったので今年の消費金額が昨年よりだいぶ増えて月平均1万円弱。しゃーない。だいぶ前から情報だけは出ていたセイレーン作戦がようやく実装された。感想はまた別途。
FGO
実装されている本編シナリオとかイベントは全て完走しているものの、モチベ的にはガタ落ちしている。モチベーションが消費金額にも影響していて、12月も終盤に差し掛かろうとしているのに年間合計で2千円弱しか使っていない。8月に福袋を引くための有償石を購入しただけ。アークナイツよりお金使ってない。
アークナイツ
配信開始と同時に遊び始めて、月パスのみにお金を使っているので月平均610円。Youtubeでカンニングしながら作業ゲーとして楽しんでいる。

まとめとか

年々買うゲーム数が減ってる。来年早々にはPS5を入手したいがどうなることやら。PS5は全く関係ないけどFate/EXTRA Recordがめっちゃ楽しみ。あとはモンハンストーリーズ2。名作だった前作を超えて欲しい。

過去の「今年買ったゲームのまとめ」