der Gegenwart

2010年に買ったゲームの感想なんかのまとめ

毎年恒例?今年買ったゲームのまとめ。例の如くハード別に。

PS2

花と乙女に祝福を 〜春風の贈り物〜
お嬢様学校に女装して潜入的なアレ。おとボクの足下にも及ばない感があった。つまらなくはなかったけど、面白くはなかった。

Xbox360

ライオットアクト2
なんか前作とあんま変わってないなー、という印象。適当に暴れてストレス解消ヒャホーイとかやるには丁度いい。

PS3

セイクリッド2
よくできたハクスラゲー。グラフィック周りの快適さに欠けるのが難点。Diablo III発売いつだよちくしょう、みたいな人にオススメ。
超次元ゲイム ネプテューヌ
キャラゲー。予想以上に良く出来ていたけどキャラゲー。

PSP

剣闘士 グラディエータービギンズ
パンチで相手をフルボッコにするのが楽しくて仕方なかった。ローマ無双とかそういうゲームないのかね。コーエーさんにつくって欲しい。
ゴッドイーター
1年も経たないうちに改善版が出ちゃったのでノーコメント。
Test Drive Unlimited (海外版)
発売自体は大分前。気が向いたので買ってみた。あのTDUを上手い具合に携帯ゲーム機向けにアレンジしてあると思う。TDU好きなら是非。そういや2がもうそろそろ発売だよね。
ガンダムアサルトサヴァイブ
狙撃ビーム無双がマシンガン無双に変更された。相変わらずゲームバランスがクソ。何が何でも金システム(謎)に変わった所為で作業感が増してしまった。スタッフのガンダムに対する愛は変わらないようだけど、そろそろゲーム自体を何とかして欲しい。
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚
九龍のできそこない、ってほど駄作じゃないか。エンディングが微妙だったなー。あとキャラが微妙。
フェイト/エクストラ
ジャンケンバトルがなかなか楽しい。Fate自体は全くしらなかったけど楽しめた。フィギュアのおまけと考えれば上出来、というかそれ以上。
武装神姫バトルマスターズ
DLCの値段の高さがクソなのとストーリーが微妙なのを除けば良く出来てた。神姫を動かしてるだけで結構楽しい。
ゴッドイーターバースト
どっかのモンスターハンターと違って、大幅な改良が加えられて触った感触が別物になってしまった良作。追加シナリオは短いのが難点だが、主人公が素晴らしく主人公していて泣きそうだった。
モンスターハンターポータブル3rd
個人的には駄作。何も変わってなくてガッカリした。安定感というよりマンネリ感。何なんだろう。いい加減劇的に何かを変えろ、って感じ。色々と残念すぎて泣けてくる。

NDS

世界樹の迷宮3
比較的シビアな難易度は健在。まぁ正直あんま変わった気がしないけど、相変わらず楽しい。
ラブプラス+
前作の不満点が色々と改善されていい感じになった。タッチイベント周りの調整が神。デート中にチュッチュしすぎでウゼエと思っていた私みたいな人には最適。
エルミナージュ2 DS Remix
フェイスロードシステムがないに等しいのが残念。ゲーム自体の出来はPSPのそれと同じなので折り紙付き。
メタルマックス3
古き良きRPG、としかいいようがないな。難易度含め、色々な意味で「古き良き」なので、人を選ぶ。
牧場物語 ふたごの村
流石の安定感というか何というか。いつもの牧物。

PC

処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~
きちんとおとボクしていて非常に良かった。千早君もイケメンだったし。ファンならマストバイ。櫻の園のエトワールを事前に読んでおくとさらに楽しめるはず。
Sugar+Spice2
前作をPS2で遊んで楽しかったので買ってみた。よかった、とは思うんだけど、前作と比べちゃうと微妙。特に実の妹と云々みたいなルートに萎えた。大人しく従姉妹にしておけよ、みたいな。まぁでもチュアブルソフトのゲームは好きだね。

まとめとか

うわー、ゲームしてねー。というかね、今年は私好みのゲームが少なすぎたんだよ、うん。来年の1月末辺りからは買いたいゲームの発売ラッシュなので、来年には期待しておこう。