der Gegenwart

HTMLとCSSを学ぶ話の続き

ゼロからのスタートなら、まず、啓蒙本を読むってのもアリだけど、概ね正しい方向性に気づいているなら、詳解 HTML & CSS 辞典とかを買った方がイイと思う。便利だし。

まぁ、たしかに。ただ、ゼロというのがどの地点をさすのか分からないから難しいけど、リファレンス本だけ買って何とかなってしまう人は、本なんてそもそも要らないんじゃないかと私は思う。有用なリファレンスだけならWeb上にたくさんあるし。まぁ、その手の本は一冊あったらあったで便利なんだが。

個人的にはゼロからのスタートじゃなくても制作の流れを解説する本*1を買った方が良いと思ってる。

というのも、前の記事にも書いたように、「HTMLとCSSをどのように活用すれば見た目がYahooとかmixiみたいなWebページを制作できるのか」ということを解説した資料がWeb上にはほぼ皆無だからだ。個々のHTMLの要素やCSSのプロパティの役割とそれらのブラウザでの処理、および基本的な文法は各種リファレンスサイト等でも学べる。所謂「ググレカス」的な検索すれば何とでもなる類の情報である。ただ、初心者が分からないことというのは個々のタグ*2の役割ではなく、それらの適切・効率的・実践的な活用法ではないだろうか。少なくとも私はそうだった。「CSSの書き方は分かった。で?」という感じである。

もっとも、私の経験則が万人に当てはまるとは限らない*3から何ともアレ(謎)というか。もっと色々な人が自分の学習した方法を書いておくと、それらを見た初心者の参考になるかもしれないね。

関連記事っぽいの

  1. っていうか実際に作ってみましょう的なといった方がいいんだろうか。
  2. あえてタグと書く。
  3. というかあまり当てはまらないと思う