der Gegenwart

SDX 騎士ガンダム [列伝版] のレビューみたいな何か

付属品はこんな感じ。

肩アーマーとかなり干渉するので、横方向にはほとんど上がらず。前後へのスイングも気持ち動くかもしれない程度。上腕部で回転。肘関節は無し。手首はリボルジョイントみたいな感じ。

後述のケンタウロス形態での関係もあって、前後へのスイングは引き出し式になっていてそれなりな感じ。

兜のバイザーが下におろせる。

関節自体の出来が微妙なので、横方向へはほとんど開かない。接地を考慮すると上の写真くらいが限界。大腿部、膝、共にボールジョイント。

剣は伸縮選択式の3パーツ構成。

短くすると盾に収納できる。長いのを構えると右の写真みたいな感じ。

ランスも付属していて微妙に伸縮する。別パーツを頭部後ろに付けることによって背負うことも可能。が、写真見てわかるとおり、かなり微妙。もっと短く縮めば見た目的にバランス取れそうなもんだけどな。

鎧を外して頭部パーツを付けて変えて軽装モードにすることも可能。あー書き忘れてたけど、表情パーツは5種付属。

んで、ケンタウロス形態。つま先を外して、前脚に交換。腰の後ろに馬の下半身付けて完成。と、書くと大したことないけど、つま先がなかなか外れなくてかなり困った。個体差もあるんだろうけど、力入れすぎて壊さないように注意。馬の下半身部分は大腿部・つま先が軸稼動。前脚は膝とつま先が軸稼動。ちなみに写真は後脚のみで自立してます。後脚の膝が非可動なのは、間接組み込むと後脚のみで立てなくなるからじゃないかな、たぶん。

今回の写真では使ってないけど台座にはディスプレイ用の軸が付けられてそれを使って飾ることも可能。ケンタウロス形態を立たせた状態で飾るときなんかはきちんと台座使った方が関節がへたれなくて良いと思う。

まとめ。格好いいことは格好いいけど、ポロリも多いし*1 、可動範囲も狭いし、これで3861円*2 と思うと少し微妙ではある。まぁ、でも、SDガンダムファンには良いんじゃないかな。この手の玩具でSDガンダムって初めてだしね。

このあと発売される三種の神器装備の「フルアーマーナイトガンダム」は買うかどうか分からない。もう一度同じこと書くけど、見た目は良いだけに可動的に微妙なのが惜しいなぁ、と。

  1. 特に小手部分
  2. Amazon価格