der Gegenwart

私がWeblogってる理由

上の記事を読んで、色々考えたことを自分への再確認のために適当に書く。

ブログを書くときに、自慢や自己主張になってしまいそうな気がして躊躇する。謙虚さと主張のバランスのちょうどいいところを見つけるのが難しい。

私の場合、ほぼ100%自己主張だ。そもそも人に読んでもらってレスポンスをもらうために書いているわけではないから、というのが一つ目。「じゃあ何でWeb上に公開してるんの?」と思われるのも当然だろうけど、それについては後述する。二つ目は「自分に自信がないから」ってことなんだけど、これについてはうまく表現できないので、細かく書くのはやめておく。適当に察してください(謎

文章表現でも悩む。読んでいる人を意識してですます調の丁寧語で書くのがいいのか、個人的な日記なので丁寧語ではなく普通に書くのがいいのか。悩んだ結果、両方が混じった文章を書いたりする。

私はつい最近までついカッとなったときを除いて基本的に「ですます調」で書いていた。頭の中に出てくる書きたい文章が「である調」気味だったのに、今まで無理やりそれを「ですます調」に再構成していた。で、つい最近それを止めた。自己主張100%の誰に読ませるわけでもない文章をわざわざ「ですます調」で書くとか意味分からんしね。とかなんとか、もっともらしい理由もあるにはあるんだけど、一番の理由はなんかもうめんどくさくなった、って至極単純且つネガティブなところにあったりする。

最初の話に戻る。他人からレスポンスをもらうことを想定していない文章をわざわざWeb上で公開している理由について。

それは長期間続けられているから。他に理由はない。大昔にローカルのPCに日記っぽいのを書いていたこともあったんだけど、どうも長続きしなかった。Web上で書いてみたら長く続いた、ただそれだけ。モチベーションが持続する理由は自分でもよく分からない。まぁ誰かに見られているかもしれない、ってところが多少なりともかくうえでの強制力みたいなものになってるかもね。かといって嫌々書いているわけじゃない。こういうどうでも良さそうな駄文を書き綴るのは好きだ。好きじゃなきゃやってないし。

そんな感じなわけだけど、上手く表現できない部分がたくさんあるっていうか、考えがまとまってないっていうか。ま、あとで読み返す用ってことで。