der Gegenwart

ドール趣味と私

我が家に最初のドールがやって来てから一年半弱経ったので、ドール愛好家になってから変わったこととかを書く。

フィギュアの類を買う個数が減った。

元々固定ポーズフィギュアには興味ないので、アクションフィギュアの話。

以前は原作を知っていようがいまいが、半ば惰性でfigmaを買いまくってたけど、それがなくなった。プラモも買わなくなったし、ガンダムとかその類のアクションフィギュアも買う前にひと呼吸置くようになった。

単純に物理的に飾るスペースがないって理由が主ではある。

もっとも、後述のように支出は全く減ってない。

金銭感覚がおかしくなったかも。

1/3サイズのドール本体が平気で6万とかするので、2万円程度なら特に何も思わなくなった。3DSをたまたま売ってたからというだけで発売されてすぐに衝動買いしてしまう程度。この件に関しては、いいことではないと思う。

カメラを含め撮影機材にお金をかけたくなってしまう。

ドールを着飾ったら当然写真を撮りたくなる。最初はコンデジで満足していたけど、より良い写真を撮ろうとして高価なカメラとレンズに手を出すのはまぁ必然に近い(謎)

で、カメラに凝り出すと照明にも凝りたくなって、RIFA-Fとか買ってしまったりするわけで。

とはいうものの、写真の良し悪しは撮影機材そのものより、事前準備*1とカメラに関する知識とスキルが物を言うのかな、ってカメラを買って思ったりはした。今なら以前と同じカメラを使っても、以前よりずっとマシな写真が取れると思う。

その辺を歩いている女性の服装を気にするようになった。

ドールの服のコーディネートを考えたりするわけだけど、参考にするのは実際の女性になる。さすがに女性向けファッション雑誌を読むまではいかないけど。

とはいうものの、「普通の服」ってドール用だと意外になくて、「あれ可愛いな」とか思っても同じようなコーディネートができないことが多い。それと、アゾンの服を組み合わせたりしてると、ギャルゲのキャラもどきにしかならなくて困ったりもする。

こんなもんか。

何にせよ、ドール趣味が「沼」と形容される理由を身をもって知ったというか、何というか。最初は「一体で十分だろ、高いし」と思っていたのに、こうなってしまったわけで。

まぁ、いざ始めると「あれも欲しい、これも欲しい」ってなるのはドールに限った話ではなく、趣味全般に言えることだとは思う。

今うちには1/3サイズが3人、1/6サイズが一人ドールがいるけど、次に増えるのは2月か3月あたり。赤セイバーを予約したからね。受注販売品以外は買う気が起きない。朝早くから並ぶとか面倒でやってられん。

それと別記事にも書いたけど1/6サイズのはもう買わない。ピュアニーモのボディの可動性に不満もあるから、オビツボディにすげ替えようかと思っていたりもする。

まぁいろいろお金はかかるけど、服着せ替えたりウィッグ整えたり写真撮ったりするのは楽しいし、何より可愛いし、ドールを買って良かったと思う。

写真とカメラに関する基礎知識は仕事で役に立ったりもするので、その辺もよかったかな。

  1. ドールとかフィギュアのような物撮りの場合は、撮影する対象の周りを片付けるとかも含めて。