der Gegenwart

奨学金返さない人かどうのこうの

ずいぶん昔に書いた記事にブクマコメがついてたのでレス。

教育が投資に見合った効果が出てない証拠、と捉えるべき。奨学金程度返せるくらいの収入が得られる職に就けるはずだったろうしそうでなかったら奨学金の意味がないでしょ。

うーん。何とも言えないなぁ。基本的に私は自己責任教の狂信者なので、社会だの教育だの政治だのに原因を求めることはあまり好きじゃないんだよね。そういう考え方もあるね的な意味では納得。まー、私がひねくれているだけだと思う。

奨学金は一律に決まった金額を貸与する。ある意味で押し貸し。必要最小限の分だけ借りられれば少しは利子負担は楽になる。それに学生にアブク銭つかませると無駄に使いがちだし。

貸し出される金額が一定だからいけないんじゃないか、と。なるほど。たしかに、そんなに要らないよって分まで強制的に押し付けられてあとで返せ、っていうのはちょっと酷いかもね。

個人的に、日本人はもっと借金踏み倒してよいと思う。奨学金利子は天下り親父の給料に消えるようなもん。「次の人のために返済?」なんで一般人が見ず知らずの他人に金を貢がにゃならんの?インモラルなのは認める。

借金を踏み倒していいっていうのはよく分からない。幼い頃から「借りたものは必ず返す」「むしろなるべくお金は借りるな」と教えられて育った所為か感覚的に理解できない。

次の人のために返済?なんて私どこかに書いたっけ? 借りたもんは返すべきだろ常考*1、としか書いたつもりはなかったんだけどな。

まー、どうでもいいや。

追記

期待した回収率を下回ることが続けば奨学生に貸与される奨学金の絶対額が低下するので、 次の奨学生のためにもきちんと返済しましょう、というところからじゃないのかなと横から邪推。

ふーむ。

「次の奨学生」なんて知ったこっちゃないけど、「自分」のために返すべきだと私は思ってる。返さないで踏み倒すのって結局自分のためにならないんじゃないかな、とか。そりゃ金銭的には楽になるかもしれないけど、そういう問題じゃないと思うんだ。

書きたいことがうまく表現できてないし、これで言いたいことが伝わるとも思えないけど、まぁそんな感じ。

  1. ただし私の中での常識。