der Gegenwart

どうでもいい雑記その529

この辺を読んで思ったことを書く。この記事が気になった。

色々書いてあるけど、結局ただの感情論にしか見えない。「『ソト』からの言及が全部嫌だ」と言ってるのと何か違うんだろうか。そもそもWWWに「ウチ」も「ソト」も存在しないと思う*2。はてブでも2ちゃんでも何でもそうだけど、言及されたくなきゃ公開しなきゃいいんだよ。私にはその辺の認識というか考え方が全く理解できない。

って、はてブの話だったっけ。まぁ、でも、私の認識でははてブのネガコメ*3問題も無断リンク禁止問題も無断引用問題も全部一緒。

だいたい、はてブが卑怯っていうのが理解不明(謎)。そんなこと言ったらコメントもトラックバックも受け付けずに匿名でブログ書いてる人も卑怯だと思うんだけど*4、その辺のところどうなんだろうか。例えばそういうブログからリンクされて言及があったとしても、言及元のブログのアクセス数がゼロに近かったら、アクセス解析をつけてたところで、言及されたことに気づけないよね。そういうのも卑怯なの? 基準が全然分からん。

何か全然ベクトルの違う方向に話を持っていってしまった気がするけど、まぁいいや。まとめになってないまとめ*5

追記っぽいの

書きたいことは書けたけど、話が発展しすぎというか、膨らみすぎてあんま関係ない話になってしまったのは反省。

  1. この記事の筆者の立ち位置がどこなのかはよく分からん。
  2. 存在しないってのは言いすぎか。でも壁なんてあってないようなもんだと思うよ。全くもってその「壁」は信用ならない。
  3. そもそもネガコメ云々言ってる人たちは「批判」と「罵倒・誹謗中傷」の違いが分かってるんだろうか。変なことを書いて世界中の人が見えるところに置いたら批判されるのは当たり前なわけで。もちろん「しね」とかそういうのは良くないと思うよ。私もそういう人にあんまどうのこうの言えないけどさ。馬鹿な政治家に「しねばいいのに」とか言っちゃってるし。説得力皆無。
  4. たとえば私とか。あとTwitterなんかさらにアレだよね(謎)。
  5. 私が昨日Twitterでぼやいたことをそのままコピペ。