der Gegenwart

どうでもいい雑記その362

ホントは13日に提出してワショーイしようと思ってたんですけど、結局3日間ずっと研究室缶詰でした。

あるある。レポートとかそういうのは「早めに提出して〆切までの残りの期間は周囲に余裕を見せつけつつ遊ぶ」作戦とかたてるだけたてて、いつも失敗する人だったよ、私。試験とかそういうのも全部土壇場でしのいでた。ぎりぎりにならないと本気出せないというか何というか。いや、ぎりぎりになっても本気でやる気になったことはないな、試験なんかもとりあえず単位取れればいいや的なアレだったし。高校受験で力尽きたんだよね、勉強頑張るみたいなそういうアレは。

研究室に泊り込みとか聞くと理系なイメージがあるんですけど(そして若干の憧れもあった)、どうなんでしょ?ちなみに私は(理系寄りの)文系。

理系が泊まり込むかどうかは別にして。はてブにも書いたけど、一往私は理系だった。大学受験の時にサボってたので底辺に近い私大の情報系学科だけどな。第一志望の学校はものの見事に落ちたから、センター受験で合格した滑り止めに行くことになった。近かったし、浪人して親に迷惑かけたくなかったからね*1 。理系だった、けど、脳内が文系だった*2*3 らしく、授業がつまらなくて仕方なかったのは良く覚えている。専門分野ではない一般教養系の授業の方が面白かった。

話変わる。暇だったんで、久しぶりにPS2のおとボクを再プレイしてるわけなんだが。瑞穂ちゃんのセリフはフルボイスじゃないのね。再販されたDVDのやつ*4 はフルボイスなのか。PC版は既に持ってるけどコレクション的な意味合いも兼ねて買っておくべきだろうか。うーむ、来月あたりにでも買ってしまおう。あとフィギュアも欲しいんだよね。瑞穂ちゃんしか持ってないんだけど、紫苑さまと貴子さんのも欲しい。何で発売当初に買わなかったんだろう。

……何なんだ。このまとまりのない文章は。

  1. あと、これ以上受験勉強したくなかった、っていうのもある。前述の通りその手の勉強は高校受験で嫌気がさしていたから。
  2. 物理とか超苦手だったし。入試科目で許可されていたからのセンターでは物理I受けたくらい、物理は苦手だった。っていうか化学もダメ。理科で得意だったのは地学だったね。文系脳過ぎる。
  3. その所為で大学の物理の授業はえらい苦労した。
  4. リンク先はR18なので注意。