der Gegenwart

どうでもいい雑記その273

昼休憩中。マクドナルドでグラコロバーガー食べてるけど、子供がたくさん居て死ぬほど五月蝿い。まぁマクドナルドは仕方がないよね。iPod持ってきて正解だった。

時系列インデックスが必要になる事例について「なるほどなー」と思った。そういう時はたしかに月別インデックスとかあった方が分かりやすいね。

それでも読みたい!と思わせる何かがder Gegenwartにはあって、

このフレーズは結構うれしかった。自分のために書いてるんだけど、他の人の役に立ったり、読んで面白かった、とかなれば一石二鳥ではあるからね。

どこかの誰かが書いたものがオレの助けになったお礼に、どこかの誰かがいつか読む日の為にオレは書いている、そういうことだ。以前、“web2.0”とかいうやつを「人類補完計画」に例えたけど、インターネット自体がそういうものだとオレは思ってる。

かっこいいなぁ。こう言い切れるところがすごいね。私の場合、例えそれが特定の誰かではなくどこかの誰かであったとしても、誰かのために書こう、ってなったら、たぶん楽しく文章書けなくなるよ。

さてと。そろそろ休憩終わりだ。さっさと仕事片付けよう。ファミリースキーやるために。