der Gegenwart

狩ゲー

私がやった狩ゲーの類について思ったことを適当に

モンハン
何するにも時間がかかりすぎるのが難点。狩ることに取り掛かる前の準備が面倒。回復薬飲んだ時の意味不明なガッツポーズも止めて欲しいし、回復薬グレートは店売りして欲しい。昔はそれも含めて好きだったけど、今となっては微妙。ソロゲーマー的にはNPCがいまいちなのも微妙ポイント。オトモアイルー連れていけるけど、補助でしかないよね。もう少し火力が何とかならんのか、と。
討鬼伝
回復薬にあたるものはミタマのタマフリで行うので、狩りにあたっての事前準備は不要。っていうか消費アイテムが存在しない。NPCもなかなか優秀。サクサク度合はモンハンより上で、個人的に好き。あとはストーリーが優秀。ある意味RPGしていてとてもよかった。オープンワールドになるらしい2にも期待したいところ。
ゴッドイーター
消費アイテムはあるけど、原則的にほぼ全部店で買える。1ミッション5分とか10分とかで終わるので、サクサク度合は今回の3つの中では一番上だと思う。スピード感も一番上かな*1。すぐに戦闘だけできて、1回の戦闘時間も短く、キャラクターがスピーディーに動くので、私にはGEが一番合ってた。サクッと狩りにいけてすぐ終わる。短時間の電車移動中に1ミッション終えられちゃうくらい。ぬるい、って人もいるだろうけど、そこがいいとこだと思うんだよね。
  1. それがいい、悪い、って話ではない。モンハンは「重さ」が感じられるから、それはそれでいいところだと思うし。