der Gegenwart

どうでもいい雑記その1108

ゼノブレイドクロス

発売まであと14日。紹介映像が公開されてた。

残り二週間になったけど、まだ先は長い。

ベイスターズ

ジャイアンツとの3連戦。0-3で完敗。金城さんの一撃で沈められた。悔しい。ドラゴンズは今日も勝ってるし。明日負けると厳しいな。首位云々以前に貯金がなくなってしまう。

その他

GIRLS MODE 3 キラキラコーデ

例の如くDL版を購入。少しだけ遊んでみた。

前作よりUIが子供っぽくなった印象。Twitterでseaさんが言ってたけど、スマホのセーブボタンは何とかならなかったんだろうか。フォントとアイコンの間延び具合が最高にダサい。

今回は前回みたいな現実世界のショップじゃなくて、謎の小人が住むファンタジー世界のショップの店長をやることになる。何だそれ。全体的なUIといい、前作までよりちょっとターゲットの年齢層の下限を引き下げた印象を受ける。

進行役のキャラクター、ノノさんがあざとカワイイ。

髪型が前髪と後ろ髪で別々に指定できるようになったのは〇。メイクやら髪型の色バリエーションを増やすのに写真撮りまくらないといけないのはちょっと面倒。

メイクアップアーティストになれる、とか謳ってるけど、前作とメイクシステムそのもので出来ることは変わってないので、何だかもにょる。客の要望に応えるミニゲームが追加された、という感じ。美容師についても同様。

基本的にどこでも好きなタイミングでスクリーンショットが撮れるようになったのも良くなったとこのひとつ。Yボタン押すだけと操作も簡単なのが嬉しい。R+何かのボタンとかそういう操作になってたら、撮影のタイミングを逃したりして残念なことになってたと思う。

前作にあったメンズ服ってどうなったんだろ。アレはアレで面白かったんだけどな。

そういや、ガルモやってて思うんだけど、男性向けの衣服よりも女性向けの衣服の方がデザイン等にバリエーションが多くて羨ましい。

閑話休題。少ししか遊んでないからよくわかんないんだけど、完全リアルタイム連動になったっぽい。前作には日付の概念はなくて、朝から深夜まで4つの時間帯がゲーム内でループするだけだった。展示会で取り扱っているものについては現実の季節と連動している。今回は深夜に遊ぶとゲーム内の時間も深夜。ただそれだけなら別にかまわない*1んだけど、「リアルで○○分経過しないとこれ以上進められない」と、ソシャゲのスタミナ制みたいなのとか、「△△するのにリアルで××分」みたいな要素がないことを祈ろう。私そういうの大っ嫌いなんだよね。好きなときに好きなだけ遊べないゲームはクソ。

とまぁ気になるポイントはあるものの、とりあえず前作ファンは買っておいて損はないはず。

ダウンロード版とパッケージ版

ゲームソフトを購入する際、ここ最近は基本的にDL版しか利用していない。DL版のメリットは以下の通り。

デメリットは、初回限定版のようなものはない、もしくはあってもフィギュア、設定資料集などの物理的な特典が当然付かないこと、メディアがない分所有してる感が薄い。任天堂のゲームに至ってはソフトとハードが紐づいてしまうので鬱陶しい、ってとこか。

どう考えてもメリットの方が大きいので、初回限定版の特典がどうしても欲しい場合を除いてDL版を買うことにしてる。

「スターオーシャン5 Integrity and Faithlessness」の開発が発表。プラットフォームはPS4/PS3,開発はトライエースが担当

スターオーシャン5が発表されたらしい。

主人公の名前が変更できれば買うし、そうでなければ買わない、いつものパターンで。とはいうものの、SOはいわゆるJRPGだからなぁ。無理だろうな。

そういや、何故PS3でも出すのかわからない。縦マルチって原則的に性能が低いハードが性能の高いハードの足を引っ張る*3から止めて欲しい。発売が今年ってならまだしも来年なのに。PS3出たの2006年だよ? さすがにもう切り捨てていいんじゃないかなぁ、と。まぁ、SO5を買わないからどうでもいいと言えばどうでもいいんだけどさ。

  1. ゲーム内では基本的に深夜にしか開かないアパレルショップってことにはなるな。
  2. 一部を除いた任天堂ハードのソフトと、Xbox Oneのソフト、PSハードのソフトの一部。
  3. Forza Horizon 2みたいに縦マルチとか言いつつ別開発の場合は話が別。FH2の場合、似たようなゲーム性の別ゲームだよね、Xbox One版と360版って。前世代機の360版ではできない、実装していないことが多いだけで、縦マルチだからといって現世代機のOne版で出来なくなったことは何もない、個人的に理想の縦マルチだと思ってる。