der Gegenwart

Twitterって流行ってんの? 流行らせたいんじゃなくて?

つーわけで秋葉原にいるわけだ。まー、あんま来た意味なかったけど。

さて本題。

まぁ私の周囲だけそうなのか、一般世間がそうなのかは分からんけど、私の周囲でTwitterを使ってる人は一人しかいない。残りの人は「Twitter? 何それ食えんの?」って感じだ。

ぶっちゃけTwitterって流行ってんの? ねらーとかはてなーとかそういうディープな人の間ではなく、mixi・プロフ等々の比較的ライトなユーザ*1の間でも、って意味で。

個人的な勝手な偏見だけども、流行ってる気がしないんだが。最近Twitterの記事が増えてるような気がしないでもないけど、それは「流行っているから」ではなく「流行らせたいから」なんじゃないかな、とか。そもそもIT系ニュースサイトで記事を読むような人はすでにTwitterの存在を知ってる人なんじゃねーの?

そもそも流行るためには取っ掛かりが悪いっていうか、どうも面白さが伝わりにくいというか、何やったら良いか分からないというか。私自身も未だに何が面白いのか具体的には表現できない。よく分からんけど、なんかこう面白いかもしれない、みたいな。

もっとも、流行っているか否か、流行るか否か、ってのはどうでもいいけどね。私も流行ってるから使ってるわけじゃないし*2

  1. いや、よく分からんけどね。何をもってライトとするのかが。ゲーマーのいう「ライトゲーマー」同様に、自称ヘビーなネットユーザが勝手に貼ってるレッテルなのかもしれない。
  2. 流行に左右されない私カッコいい、という中二病的思考回路(謎)