der Gegenwart

アオイシロプレイ中

というわけで先日届いたアオイシロをプレイ中。

良く死ぬゲームですね、これ。選択肢間違うとあぼーん。結構どうでも良さそうな選択肢が生死に絡んでいたりするから侮れない。もっとも、見えている地雷をわざわざ踏みにいって死ぬことも多々あるわけですが。エンディングが相当数あるっぽいですけど、この調子だと大半が帰宅エンドか何らかの形で死亡って感じなのかも。

ストーリー的には和風伝奇物というか何というか、百合がどうこうっていうのはほとんど関係ありませんね。

追記

午前2時まで粘ってみたけど、結局スタッフロール付きのエンディングは1つだけ。あとは帰宅したり、死亡したり、何だかモヤモヤした感じに終わったりと、禄でもないエンディングばかり。なかなかに高難易度というか、面倒というか。話自体も面白いのかどうかよく分かりません。いや、何だかんだで結構プレイしているってことは面白いのかな。

真実が知りたいというよりも、全てが丸く収まったハッピーエンドが見たい、って感じかな。それが真実を知ることなのかもしれないけど。基本的に鬱エンドやらのバッドエンドの類は大嫌いなので、きちんとしたハッピーエンドがあると良いな、とか思いつつ寝ることにする。明日からの仕事に備えねば。

追記2

今回は死亡BADがおざなりな感じ。

へー。前作はもう少しまともな死に方だったってことなんでしょうか? アカイイトやってないからなぁ。廉価版が出ていたはずだしアオが終わったら買って読もうかな。

なんか何の前触れもなく唐突に地雷踏んで死んだ感が否めないんですよね。いえ、選択肢である程度は地雷かどうかの判断がつくんですけど、分岐図埋めとか考えると踏まざるを得ないので何とも。

っていうかアレだね。伝奇物だの、推理物だの、人が死ぬ類のノベルゲーは私の嗜好に会わないことがよく分かった。それでも気になるのでアカイイトはたぶん買うけど。