der Gegenwart

New 3DS買った

何やら性能上がってボタン増えたらしいので、発売日に購入。LLにしようかと思ったけど「きせかえ」できないらしいのでノーマルにした。色はホワイト。白の方がかわいい。

触ってみた感想

メニューとかサクサク表示されていい感じ。たまたまLLに刺さってたカグラ2で遊んだ感じだと、ゲームをする分にはあんまり変わらない模様。専用ソフトとかで真価を発揮するのかな。よくわからん。追加されたスティックは、ジョイスティックじゃなくて、Thinkpadなんかについてるポインティングデバイス。ゲームするときに便利なのかはよくわからん。モンハンでもやってみりゃいいんだろうか。

きせかえ

きせかえプレートはどれもかわいくて何買うか悩んだけど、とりあえずギンガムチェックの031をチョイス。かわいい。色々組み合わせたくなるね、これは。すごくいいと思う。そのうちゲームの限定版にきせかえプレートが付いたりするんだろう、たぶん。

あれ?って思ったとこ

記憶媒体がSDカードからmicroSDに変わっていた

ほとんど事前情報を見てなかったので、本体だけ買ってきてから、「あれ?カードスロットどこよ」となってしまった。

初期についてるカード容量が4GBなので、そんなの話にならんから交換しようと思ったら、裏面プレート外すのにドライバーが必須でめんどくせ、と。

これ、PCにデータをバックアップするときどうすんのよ、超面倒じゃん。と思ったら任天堂の公式で「Newニンテンドー3DS パソコンでのmicroSDカード管理」とかいう案内が。前より便利になってる。素晴らしい。って思ったんだけど、私のiMacでは接続できなかった。Windows使えよとかそういう話?

裏面プレートの交換にドライバーが必須

前述のとおりドライバーがないと裏面プレートを外せない。たくさん「きせかえプレート」を買って「きせかえ」を楽しもう的なコンセプトのはずなのに、この仕様はいただけない。裏面プレートが簡単に外れちゃうと、バッテリーとmicroSDカードが危ないからこうなったんだろうけど、バッテリーとmicroSDカードのために裏面プレートと本体の間にもう一枚蓋を設けるとかして何とかならなかったんだろうか。

データの引っ越しについて

MH4Gの発売日と被った所為だか何だか知らんけど、例の如く任天堂のサーバーが死亡してイラっとした。一度旧型から新型にデータを引っ越しちゃうと、旧型の方にデータが戻せなくなるので注意が必要。あと本体同士で通信させてSDカード内のデータを移せるけど、すごく時間かかるっぽいのでオススメしない。SDカードのデータは大人しくPCで移した方がいい。引っ越しの手順内でSDカードのデータの移し方が三択で表示されるので、「パソコンを使って移動」を選べばOK。引っ越しの全手順が終わったあとで、予めデータを移しておいたmicroSDカードを付属のSDカードと差し替えればおしまい。

その他

無色透明のきせかえプレートが発売されたら痛3DS作るのが捗りそうだな、とか思った。

まとめ

これから新規に3DS買う人はNewじゃない方買う意味はない。買い替えようと思ってる人については店頭で実機触ってからでいいと思う。スティックが結構癖あるというか、Thinkpad。あー、3DSのゼノブレやりたい人は買い替えるしかないけど。