der Gegenwart

Diablo2な話その27

ゴールデンウィーク中の人もそうでない人もおはようございます(謎)。

Diablo2で育成中のSacrificerはAct3をクリア。Mephisto戦に関しては、何度か町に戻ったりして時間はかかったものの、特にピンチらしいピンチもなく比較的あっさり終了。

現在、Act4のRiver of Flameまで到達。Questに関しては1のみ終了。ここに来て火力不足が深刻化してる。モンスターの群れに遭遇したときに押し負けそうになることが多々ある。

このDiablo2は基本的に「殺られる前に殺る」ゲームである。後半になればなるほど敵の攻撃が熾烈になるので、いくら防御力やら魔法に対する耐性を高めても、プレイヤーの火力が敵の群れの火力に勝っていないと、物量の差でジリ貧にされ終了である*1。つまり、前々回挙げた問題点がNormalの後半に差し掛かってきていよいよ本格化してきたってわけ。

レベル上げてどうにかなる問題じゃないし、お金ためてギャンブルするなり、Sigonセットのドロップを期待しつつMephisto狩ってトレハンするなりしないとダメだな。ここまで比較的順調に来たけど、とりあえず「攻略」ではなく 「育成」にシフトしてゲームを進めることにしよう。

ノートレードなんて無駄な縛りを加えたのが失敗だったかなぁ、とは思うけど、久しくHCでプレイしていなかったから資産はゼロだったし、結局同じか。

とにかく。火力不足を何とかしないとDiablo戦の前に死亡することがほぼ確実だ。何とかしないとなぁ。

  1. なんていうか、ガンダムが強かったのはルナ・チタニウム合金による防御面だけではなく、ビームライフルとビームサーベルという攻撃面も優れていたからであって、ザクの群れに出会ったときにガンダムの武器がザクマシンガンしかなかったらダメだってこと(謎)。