der Gegenwart

Webは意外に敷居が高い

smallball経由。

だから精神が頑丈じゃないナイーブな人はWebなんか使っちゃダメですって。昔書いた記事だとこの辺が関係あるっぽいやつかな。

たしかに無料ブログサービスがたくさんあって、昔よりWebに文章を公開するための技術的な敷居は低くなったけど、精神的な敷居の高さは昔と全く変わってません。(むしろ昔より高くなってるんじゃない? 私がWebを利用し始めたのはせいぜい十数年前だから、全くの憶測ですけど。)

Web上に何かを公開した時点で、批判されたり罵倒されたりする可能性がゼロじゃなくなります。そんなに赤の他人に物言われたくなかったらチラシの裏にでも書いていてください。その方がきっと精神衛生上良いはずです。あとは技術的に赤の他人には見られないようアクセス制御するのもオススメ。方法が分からない人とか、お金かけたくないからそういうのが使えるWebサーバに移れませんとかいう人は知りません。

結論。

そもそも罵倒や批判がいやだったら文章を公開するべきじゃあない

まとめが引用なのってどうなんだって感じ。

追記

ネタ元では「はてな」の話になってるけど、批判されたり罵倒されるのは「はてな」に限った話ではありません。おそらくどこでやっても一緒です。変なこと書いたら批判されるし、変なこと書かなくても罵倒されるかもしれないし。そういうのに耐性が無い人はWebで何かを公開するのは止めるか、アクセス制限するかした方が良いです。

追記

「敷居が高い」をハードルが高い的な意味で使うのは誤用らしいけど、直したりしないよ。めんどいし。