der Gegenwart

どうでもいい雑記その1358

FGO

電撃のインタビュー記事をうけての不満が書かれている。気持ちはわからんでもない。

塩川氏のインタビュー内容を見る限りでは、ゲームシステムの改修よりも、ストーリーの充実や初期鯖のモーション改修、新鯖の実装とかのFateの世界観を充実させることを重視しているように見える。

それと、私もちょっと前まで勘違いしてたんだけど、スキルレベルを最大にすることと絆レベルを上げること、イベントの素材アイテムをすべて交換することはエンドコンテンツなんだよ。メインストーリーを読み終えて、イベント配布鯖とその再臨アイテムを入手するだけなら、スキルレベルを最大にしたり、超頑張って周回する必要はないし。運営が想定しているメインターゲット層はヘビーユーザーではなくて、自然回復APと時々配られる無料石の範囲内で空いてる時間にプレイする型月ファンのカジュアルゲーマーなんじゃないかな。だから運営的に宝具演出ってのは、ヘヴィーに周回してると一日に何十回もみるものではないんだよ。

そういう運営方針がいいか悪いかは知らんけど、たぶん方針が変わることはないから、ユーザーにできることはそれを受け入れるか、変えてくれるよう要望を出し続けるか、もしくは諦めてゲームをやめることしかない。

っていうか、個人的には前述のインタビュー記事で気になったのは宝具スキップうんぬんより、電撃の強化希望のアンケート結果を受けての最強クラスであってほしいという期待値の高さなのでしょうか。ってところ。そうじゃねえだろ、と。輝けるポイントはいずれ必ずどこかにあるよう調整しようと頑張ってるのは星3鯖などの強化クエストの実装とかからもわかるけど、アンケートで挙がってる鯖は、同クラス他鯖と差別化できてない、もしくは現状の環境だと輝けるポイントがないって感じでしょうに。そこだけはちょっと意味わかんなかった。

まぁとにかく。おそらくFGOの運営と菌糸類は、ユーザー(特に廃人っぽいヘビーユーザー)の要望を聞く気がなくて、己らが想定している型月ファンのためのゲームしか作る気ない。嫌ならやめろ、と運営自身が思ってるだろうから、色々諦めた方が精神衛生上いいんじゃないかと私は思う。個人的にはフレンド周りやイベントやらが緩めでいい感じだと思ってる。効率重視で頑張るのが当たり前なゲームにするのだけはやめて欲しい。面白いシナリオ読んでキャラを愛でたいだけなのに、そういうのを求められると疲れるんだよね。今のところそうなる気配がないので、今後も似たような感じで運営にはぐだぐだ頑張っていただきたい。

ダマスカスギヤ 西京EXODUS

最終日に借金を返すための大会でなかなか優勝できなくて現在3周目。ようやく何とかなってきた感がある。

オペ子がいい味出してて素晴らしい。