der Gegenwart

フリーダムウォーズの件

色々調整が甘い、というか、素材はいいのに調理法を間違ったというか。体験版は楽しかったんだけど、それは単純に低難易度までしかなく要素が少なかったからだった模様。

とりあえず、難易度6まで遊んだうえでの、個人的なクソポイントを列挙。

アイテム生産が苦行

リアルタイムで20分とか待たされるのがクソすぎ。誰だよこんなアホシステム考え出したの。そういうのはソシャゲに任せておけばいいんだよ。私はこういうリアルタイムとゲーム内の何かが綿密にかかわってくる要素が大嫌いなんだよ。しねばいいのに(直球

Twitterにも書いたんだけど、「適切な待ち時間が経過すると、即時納品物よりも良い性能のアイテムが手に入る」とかいうシステムにすりゃよかったと思う。待たなくてもいいけど、待った方がお得かもよ、的な。

あー、ちなみに前段のシステムを実装する場合、即時納品物の性能は「0」である必要がある。標準納品物が「-1」だとアウト。待つことによって「-1」が「0」になるんじゃなくて「0」が「+1」になる調整が必須。

銃火器持った敵咎人が超性能

モンハン的なゲームかと思いきや、敵咎人(モンハンでいうハンター)との戦闘がある。的が小さいからロックしづらくてこっちの攻撃がなかなか当たらん。当然のように敵側はそんなの全く関係なく正確に攻撃してくるので厄介。

近接武器持ってる連中はまだいいんだけど、銃火器持った連中がマジ鬼畜。プレイヤーを照準するのが超正確で、銃撃されると避けるのが超しんどい。ミサイル系の兵器とか避けようがない。

ミサイル着弾→爆風でダウン→起き上ったと思ったら次弾を食らう→以下無限ループで死亡、みたいなことになってストレスフル。せめてステップ回避が性能良ければまだ何とかなったんだが。回避を荊でやれってことなのかもしれんけどそれにしたって何だかなぁ。

味方NPCがアホ

状況判断ができない人ばかりの職場でやってられません。GE2を少しは見習ってほしい。何故よい手本があるのに参考にできないのか。

まとめというか、その他不満点というか

敵咎人の件も含めて全体的な難易度調整が甘すぎる。複数のアブダクター(大型モンスター)を相手にする時に、分散させる方法が皆無で、混戦にならざるを得ない。どうなってんの? プレイヤー側の回避性能が低いのにあんな戦闘させられても死ぬだけじゃん。そもそも一撃のダメージがでかすぎ。とか何とか色々なところがダメ。

なんというか全体的にゴッドイーター初代の無印時代を思わせる出来。

もし、反応を見てからアペンドみたいなの発売してどうにかしようと最初から考えているのであれば、爆発でもすればいいと思う。とはいうものの、本気でこのバランスでOKと思っているのであればどうかしてる。百歩譲って難易度に関しては頑張ればなんとかなると擁護できたとしても、アイテム生産の件に関してはどうにもならんな。

世界観とか、荊を利用した3次元空間戦闘(謎)とか楽しげな要素はたくさんあるのにすごく勿体ない。ホント勿体ない。何なのこの消化不良感。ああ、もう。色々好きな要素が多いだけにどうしても文句が多くなってしまっていかん。

とりあえず遊んでてイライラするので、開発者がゴッドイーターチーム並に優秀であることを信じて、色々改善されるまでガクエンに引き籠ることにする。